2017年10月14日土曜日

女性のためのはじめてソロキャンプ2017 実施報告


「キャンプに興味はあるけど、道具も知識もない…。」
そんな声にお応えする女性限定のキャンプ体験は、
今年で15回目を迎えました。

今回は13名の参加者と、3名のスタッフ。
もちろん全員女性です。
ではさっそく、その様子をシーンごとにご紹介していきます。


●1日目(9月30日)









 






そよそよと秋の風がふく9月最後の日に
キャンプはスタート!
お日様は見えませんが、その分過ごしやすい
気温で快適な陽気でした。

















最初に登場したキャンプ道具は「テント」。
これがなくっちゃキャンプは始まらない!
百戦錬磨のベテランスタッフに、
テントの構造や組み立て方、
用語などを教わりながら立てました。
中には「買ったはいいけど、使うチャンスがなくて…」と
自前のテントを持ってきた人も。














疑問や感動や驚き、様々な声が飛び交いながら、
最後には皆さん無事に完成しました!















































次は夕食の準備です。
ここで登場したキャンプ道具は「シングルバーナー」。
その名の通り、一人用のガスバーナーです。
これを使ってアウトドアクッキングに挑戦~!
1人分を効率よく作る方法や、無駄の少ない後片付けまで
楽しく体験学習しました。
(献立:具沢山スープパスタ、鮭とキノコのクレイジーソテー
             じゃがりこサラダ)














お腹が満たされた頃には辺りも暗くなりました。
これから夜のお楽しみ「ナイトウォーク」に出かけます!
昼とはまったく違う雰囲気の森へレッツゴー!
ドキドキわくわく♪

スリリングな夜の散歩から帰って来ると、
温かいともしびが…。
キャンプの醍醐味のたき火を囲んで
お茶とマシュマロ、そしておしゃべりを楽しみながら
思い思いの夜がふけていきました。


●2日目(10月1日)

 2日目の朝も薄く曇っていましたが、まずまずのお天気。
鳥のさえずりと共に早起きした方は「おはようウォーク」に
出かけました。
朝ならではの清々しい空気と冷たい沢の水に、
寝ぼけまなこもシャキッとします。

帰ってきたら、美味しい朝食タイム♪
(献立:トッピングいろいろ卵もち雑炊)
空いた時間でシングルバーナーでお湯を沸かして
お茶も楽しみました。
使い方も、ここまでくるともうお手の物。















その後はお世話になったキャンプ場の片づけです。
テントはしまい方にもコツがあります。
片付けまでしっかり押さえておけば、もうソロキャンプも
怖いものなし!かな。






















さぁ、キャンプ場に別れを告げ、森の自由散策に出発です。
気の合う仲間と歩いたり、一人の時間を満喫したり、
過ごし方は人それぞれ。
それがこのキャンプの良いところでもあります。





















そして数時間後…。
奥多摩湖のほとりの広場に集合し、散策の感想を
皆で分かち合いながら、お昼ご飯を食べました。
(献立:ウインナーロールサンド、スープ)
















最後はまとめの時間。
1泊2日で得たこと、学んだこと、驚いたこと、嬉しかったこと、
辛かったこと、興味がわいたこと…
あげればきりがない思い出を分かち合いました。
ちなみに一番多かった感想は
「夜、想像以上に寒くて眠れなかった」でした(苦笑)
皆さん、まさに全身でソロキャンプを体験してもらえたようです。

「自分の力量に向かい合えた」
「一人の時間の楽しさや大切さをしみじみと感じた」
「次は一人でキャンプに出掛けてみようと思う」
と嬉しい言葉がたくさん聞かれ、
スタッフもとてもやりがいを感じました。














これをきっかけに、キャンプや、自然の中で過ごす
楽しさをまた何度でも味わってもらえたらと願っています。


(インタープリター 河合/かーりー)

2017年8月30日水曜日

「こども 水の森キャンプ」のご報告

8月27日から30日の3日間に水をテーマに行われた
こども 水の森キャンプ」は、
水の学習を始める小学3年生から4年生向けに実施しました。

東京都に暮らす多くの子ども達にとっては馴染み深い多摩川ですが、
この多摩川の水は一体どこから来るのでしょうか?
その水が生まれる場所はどんな所なのでしょう?

本キャンプでは、川の始まりから水の流れを追いかけて
ハイキングをし、水の生まれる森と水の使い方などについて
考えてもらいました。
そんな3日間の様子を簡単にご紹介します。

 
<川の生き物探し>
 奥多摩の川にはどんな生き物がいるのか、
川で生きもの探しをしました。
ゲストに「奥多摩生まれ、奥多摩育ちの生粋の奥多摩っ子」を
お呼びして、川の楽しみ方のレクチャーをしていただきました。
捕まえた生き物で、川の水の「きれい度」もわかりました。
1時間くらい川で生きもの探しをしましたが、
「もっと川で遊びたい」という人もいましたね。
冷たい水に足を浸して生き物探し。
石の間には小さな生き物たちが隠れていました。

右の方は、ゲストの奥多摩育ちの青年。
魚とりがとても上手かったです。
サワガニやイワナ、カワゲラの幼虫など様々な生きものを
見つけました!

<水の森ハイキング ~最初の一滴を見に行こう~>

 多摩川の最初の一滴を探すハイキング。
ちょっと歩くのが大変だったかもしれませんが、
無事に最初の一滴を見つけられました。

歩きながら、様々な植物や生き物などを発見し、
水の森の生態系の豊かさも感じられました。

ちょっと急な坂道も。みんながんばれ。
苔むした森をじっと見つめて・・・
苔むした切り株から、新しい命が芽吹いている。
「水は地面の下を流れている時もあるよ」
岩の割れ目から、地下水が流れ出てきた!
 
<水の実験>

水の森のハイキングの途中で、
水に関する実験もしました。
水と木と土の大切な役割を、自分自身の目で確認出来ましたね。
 
「もし森がなかったら、大雨が降った時にどうなるかな?」
  
「森の土ってどうなってるのかな?見てみよう」

<おはようウォーク 雨水をあつめよう>

普通のキャンプなら、
雨が降ると「残念」な気持ちになるかもしれませんが、
今回のキャンプは「水の森」がテーマ。
むしろ、雨が降ることで、より水の森を楽しめました。
雨の時しかできない特別なプログラムを実施。
雨の一粒一粒があつまって、いずれ川の水になる・・・。
朝の雨の森をおさんぽ
 
森の木から落ちる雨のしずくをあつめよう。

<お米とぎ>

毎日の生活と水の汚れについて考えるために、
お米を研ぐときどれくらい水が白く濁るか、
実際にお米を研いで確認してみました。

「どれくらいとげばいいのかな?」


 この3日間キャンプをしながら水について考えてきました。
川で暮らす生きものを観察し、
ハイキングをして多摩川の最初の1滴を見に行きました。
川や水については学校でも教わる事ですが、
なかなか自分自身の体験として学ぶ機会は少ないです。
今回のキャンプに参加したみんなは、教科書や映像では分からない
特別な体験を出来たことでしょう!

この体験が、普段の暮らしで使っている水について
考えてもらうきっかけになったらいいなとと思います。


<とむさん/ミギー/ひとみぃ/むぅ>

2017年6月17日土曜日

「Jr.レンジャーキャンプ2017」のご案内

東京最高峰・雲取山登山に挑戦!
Jr.レンジャーキャンプ2017
 2017年8月14日(月)〜18日(金) 4泊5日テント・山小屋泊



昨年は雲取山登山に挑戦予定だったものの、
台風により中止となってしまったJr.レンジャーキャンプ。
今年の夏、雲取山に再度挑戦します。
昨年申込まれた方も、新たに挑戦してみようという方も大歓迎です。

登山の前は山のふるさと村に泊まって準備
登山中は二カ所の山小屋に泊まり、
標高2,000M級の山の自然を全身で体感します。

東京で一番空に近い場所から見る満天の星空や
ナイトアニマルウォッチングなど、
朝から晩まで自然の中に身を置き、奥多摩の自然をたっぷり楽しむ5日間。


(キャンプディレクターより)
雲取山に代表される奥多摩の自然は、
首都東京のイメージを良い意味で裏切ってくれる、
雄大さ美しさを持っています。

そんな山を歩き、そこで寝て起きる時間を
皆さんと分かち合いたいと思い、このキャンプを企画しました。
期待を裏切らない時間を提供します。ぜひご参加ください。


雲取山(2,017M)は日本百名山の一つであり、東京で一番高い山。
登山経験豊富なインタープリターと共に、力を合わせて登ります。

キャンプ一日目は山を登るための気持ちと体を養う日にしています。
登山道の確認や荷物のチェックも自分で行い、山へ登る意識を整えます。



また、今回のキャンプでは、環境省レンジャー(自然保護官)や鳥獣保護員など、
様々な自然のスペシャリストがゲスト参加し、共に山を登ります。
「東京の自然を守っている人」たちと過ごすにつれて、
何気ない森に見えていた、目の前の景色がきっと変わるはず。

きっと、忘れられない、特別な夏になると思います。

自分の足で登ってきたからこそ出会えた景色、その達成感は、
きっと山を降りた後も大きな力になると思います。


・・・・・「Jr.レンジャーキャンプ2017」詳細・・・・・・

□ 日 程: 2017年8月14日(月)〜18日(金) 4泊5日テント・山小屋泊
□ 対 象: 小学4年〜中学3年生
       ただし、Jr.レンジャープログラムのSTEP1修了
       もしくは過去の山のふるさと村ビジターセンター主催キャンプの参加経験者
       ※募集延長につき、小学4年生~高校3年生に対象を拡大しています。
□ 定 員: 15名 (定員を越えた場合は抽選となります)
□ 共 催:環境省 関東地方環境事務所 奥多摩自然保護官事務所
□ 参加費: 58,000円
 (宿泊費、4泊12食の食費、キャンプ備品代、保険料、資料代、消費税等)


□内 容:
 *東京最高峰・雲取山登山とその心得のレクチャー
 *インタープリター(自然解説員)と山に棲む動植物の観察
 *2000m級の山でのナイトアニマルウォッチングや星空観察
 *国立公園・東京の自然を守るレンジャー達との交流の時間 など


□ 申込み〆切: 2017年6月30日(金)
 ※7月18日(火)まで締切延長中
 
◆申込み方法:
キャンプ名・名前・生年月日・郵便番号・住所・電話番号・E-mail
 をご記入の上、FAX(0428-86-2316)
 またはE-mail(yamafuru@hkr.ne.jp)にてお申込み下さい。
____________

この夏、東京最高峰へ。
皆さんのご参加、スタッフ一同お待ちしております!

2017年5月30日火曜日

 小学校3・4年生キャンプ「こども水の森キャンプ」

 小学校3・4年生キャンプ
 「こども水の森キャンプ」
 2017年7月27日(木)〜29日(土) 2泊3日テント泊

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 毎日たくさん使う「水」がどこから来ているか、
 
 水源林を歩いて自分の体で確かめます。
 
 水の学習をはじめる小学校3・4年生に
 
 ぴったりの2泊3日のキャンプです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
自分でテントを立てて、2泊3日
 

川で生きものさがしにチャレンジ
 
川の水の最初の一滴をもとめ、みんなで水源林を歩く。
 

・・・・・「子ども 水と森キャンプ」詳細・・・・・

 【日程】:7月27日(木)~29日(土)2泊3日テント泊
 【対象】:小学校3・4年生
 【集合】:JR 奥多摩駅(駅からは送迎バスで移動)
 【参加費】:23,000円
 【内容】
      ・水辺に棲む生きものの観察
      ・多摩川の最初の一滴を求めて・・・ハイキング
      ・多摩川の水のお話
      ・自然物を使ってお土産づくり

  【締切】:6月26日(月) 締切(※応募者多数の場合、抽選)

 お申込みメールフォームはこちらをどうぞ。
 http://www.yamafuru.com/eventvisitor/

 過去のキャンプの様子はこちら。
 http://yamafurucamp.blogspot.jp/2015/09/blog-post_6.html

 皆さんの申込みをスタッフ一同お待ちしております!

2017年5月1日月曜日

初心者向け「新緑の親子キャンプ」のご案内

 
奥多摩の森で、キャンプデビュー!
 「新緑の親子キャンプ」
 2017年5月20日(土)〜21日(日) 1泊2日テント泊

 5月中旬の奥多摩は若葉と初夏の花で彩られた新緑の森。
 気候は穏やかで、風や日差しも気持ちよく、
 生き生きとした森のエネルギーを感じる事が出来ます。

 昨年の「夏休み親子キャンプ」に引き続き、
 東京西部のアウトドア発信拠点となるモリパークアウトドアヴィレッジに
 協賛いただくキャンプ初心者向けイベントです。

 親子でキャンプを始めたい、でも道具も知識もなくて不安。
 そんな方々に向けたイベントとなっております。
 
親子で協力テント立て

 
かまどで作るキャンプご飯
 
普段の生活を忘れてのんびり森の時間
 
親子で秘密の森探検

・・・・・「新緑の親子キャンプ」詳細・・・・・

 【日程】:5月20日(土)~21日(日)1泊2日テント泊
 【対象】:5歳から小学校3年生と保護者 7組21名
 【集合】:JR 奥多摩駅11:00 頃(駅からは送迎バスで移動)
 【参加費】:大人16,000円、子ども9,000円
 【内容】・親子で協力テント立て
      ・星灯りの夜の森をおさんぽ
      ・キャンプ道具をさわってみよう、使ってみよう
      ・火起こしでご飯作りに挑戦
      ・家族だけで過ごす森の時間
 【締切】:5月8日(月) 締切(先着順)
 【協賛】モリパークアウトドアヴィレッジ

 お申込み用紙のダウンロードはこちらをどうぞ。
 http://www.yamafuru.com/chirashi/2016movoyakocamp.pdf

 過去の親子キャンプの様子はこちら。
 http://yamafurucamp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html

 皆さんの申込みをスタッフ一同お待ちしております!

2017年1月28日土曜日

「親子で見つけよう100のいきもの」のご案内

春の森でいきものたちとの出会い
「親子で見つけよう100のいきもの」
2017年3月18日(土)〜19日(日) 1泊2日ログケビン泊


もうすぐ春分を迎える3月の半ば。
土や水がすこしずつ温まり、草木の芽吹きや花の開花に合わせるかのように、
いきものたちが少しずつ動き始めています。
そんな冬から春へ移り変わろうとしている森を
自然の専門家であるインタ―プリターとともに歩いて確かめる1泊2日。

昼の森、夜の森、水の中や土の中など様々な場所でいきもの調査をします。
最後にはみんなで観察できたいきものをまとめて、いきもの図鑑作りを予定。
目指せ100のいきものとの出会い!

 
 



 

*****「親子で見つけよう100のいきもの」詳細*****
※2016年度イベント案内パンフレットから日程・料金等の変更があります。
【対象】:小学生の子どもと大人
【定員】:10組20名(最小催行人数12名)
【参加費】:子ども12,000円/大人17,000円
 (宿泊費・1泊3食の全食費・キャンプ物品代・
  プログラム講師料・資料代・保険代・消費税等)
【集合】:3月18日 JR青梅線 奥多摩駅 11時頃(予定)
【解散】:3月19日 JR青梅線 奥多摩駅 16時頃(予定)
     自家用車の方は直接山のふるさと村で集合解散いただけます
【締切】:2月20日(月) 先着順です

 お申込み用紙のダウンロードはこちらをどうぞ。
  http://www.yamafuru.com/11moushikomi.pdf

 過去の親子キャンプの様子はこちら。
 http://yamafurucamp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html


「親子で見つけよう100のいきもの」
 担当:坂田大輔(さかでぃ)