2019年6月9日日曜日

日帰りイベント「東京・奥多摩の伝統芸能ツアー」のご案内


地域初!東京・奥多摩の伝統芸能ツアー
2019年9月8日(日) 10:10〜15:40

日本に数多くある、地域色溢れた郷土芸能。
東京・奥多摩にもたくさんの芸能が今も伝えられています。
その中でも、少し特別な郷土芸能「鹿島踊」があります。

小河内ダム南岸の日指・岫沢・南の3つの集落に伝わる「鹿島踊」は
近世初頭の風流の小歌踊りの系脈を伝えているものであり、
芸能史的に貴重な芸能であると認められ、
1980年に国指定重要無形民俗文化財に認定されました。


現在は「鹿島踊保存会」により伝え継がれてきた舞いを、
年に一回、小河内神社で奉納しています。

今回のイベントでは、その奉納舞を見学し、
小河内ダム沿いの遊歩道や
鹿島踊が踊られていた当時の面影を残す集落跡を
インタープリター(自然解説員)と共に歩き、
奥多摩の自然とその環境が生み出した芸能と歴史を
じっくり味わう一日となります。


 奥多摩湖に直接浮かぶ「麦山の浮橋」。
 麦山もまた、湖底にある集落の名前になります。

 湖沿いに続く「湖畔の小道」は全体的に平坦で歩きやすい道です。

 よく見ると、所々に集落の跡が見られる遊歩道でもあります。


山のふるさと村はダムに沈まなかった「岫沢」集落の一部と
「日指」集落の跡地を利用して作られた公園です。
そのため、園内には多くの暮らしの痕跡があり、
様々な形で歴史を垣間見る事が出来ます。

 2つの集落を繋いだ「尾花坂」。
 舗装はしてあるものの、当時と同じ姿を残しています。

山のふるさと村到着後は、地場産の食材をたっぷり使った
お弁当を食べ、しばしのんびりタイム。
その後、今もまだ当時の姿を残す貴重な史跡、鹿島踊奉納の地
「旧賀茂神社」の見学・参拝を予定しています。

 
園内に数多く残る石碑類。鍛冶や左官など様々な職人を支援していた
聖徳太子もまた、職人が多く存在した集落の信仰対象の1つだったようです。

「旧賀茂神社」。御神体はは小河内神社に移されたものの、
 当時と変わらず、園内と園内に棲む生き物達を見守っています。


___「東京・奥多摩の伝統芸能ツアー」詳細___

  主 催: 東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村
  協 力: 奥多摩町
  日 時: 2019年9月8日(日)10:10〜15:40
  対 象: 18歳以上の方(高校生不可)
  定 員: 20名(先着順)
  参加費: 5,000円(昼食代・御奉納料・ガイド講師代・保険代等)
  締切り: 8月15日(木)必着
  集合・解散:JR青梅線 奥多摩駅(駅から送迎バスにて移動)

  参加申込:
 1.イベント名 2.氏名・ふりがな 3. 性別 4. 生年月日(西暦) 
 5. 郵便番号・住所 6. 電話番号 7. Fax番号(任意) 8. E-mailアドレス(任意)

  をご記入の上、FAXまたはE-mail、官製はがきでお申し込み下さい。

     ※ 雨天時には奉納自体が取りやめになる事もあります。
  予めご了承ください。 


  宛 先:〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
      山のふるさと村ビジターセンター
      TEL & FAX:0428-86-2316 E-Mail:yamafuru@hkr.ne.jp 

   ※お申込み受け付け後、折り返し「申込み受理」のご連絡をいたします。
           こちらから連絡がない場合は、受理されていない可能性もありますので、
     申込み後3日を過ぎても連絡がない場合は、お手数ですがビジターセンターまで
    お問合せください。

____________________________________________________

皆様とご一緒に、奥多摩の豊かな自然に癒されつつ、
奥多摩の芸能とその歴史を満喫できることを
スタッフ一同楽しみにしております!

2019年5月15日水曜日

日帰りイベント「ムササビ巣箱作り」のご案内



こんにちは。
山のふるさと村ビジターセンターの原島です。

2019年のイベント案内をお届けするのが遅くなってしまい、
申し訳ございません。
7月始めあたりには、皆さんのお手元に届くように、
頑張って制作しています。

そしてイベント案内に先行して、山のふるさと村初! のプロジェクトをご案内します。
_____________________________

ムササビ巣箱の観察を通して、ムササビを始めとした
山ふるの森に棲む生きものをより深く知ろう。

山ふるムササビ巣箱プロジェクト
第1弾「ムササビ巣箱作り」



今年度から、劣化したムササビの巣箱の取り替えを行い、
新たな巣箱がどのように使われるか観察する計画がスタートします。

実は、ムササビ以外にも様々な生きものが利用しているムササビの巣箱。


午前中はムササビが棲む森や、巣箱の現状を知り、
ムササビや他の生きものの気持ちになって、
どこに巣箱を設置すればいいかなどを考えながら、森歩き。
 

 

午後はいよいよ巣箱作り。
熟練の木工職人が指導してくれるので、木工がはじめてでも安心です。























後日スタッフがツリーイング(ロープを使った木登り技術)にて、巣箱を設置します。
設置次第、自分の巣箱がどこに設置されたかのお知らせを
お送りいたしますので、ぜひ見に来てください。
________イベント概要_________

山ふるムササビ巣箱プロジェクト第1弾
「ムササビ巣箱作り」
 2019年8月3日(土)10:10〜15:40

山のふるさと村のムササビの暮らしを学びながら、
森にすむ生きものの暮らしに繋がる巣箱を作りましょう。


■対  象:小学3年生から中学生(保護者の同行可)
■定  員:20名(先着順)
■参加費:4,800円(巣箱材料費・講師料・巣箱設置費・物品、保険料等)

■集合・解散:JR青梅線 奥多摩駅(駅からは送迎バス)
 ※自家用車での来所希望の方は別途お知らせください。
■申込み〆切:7月15日(土)
■申込み方法:
1. イベント名 2.氏名・ふりがな 3. 郵便番号 4.住所 5.生年月日
6. 電話番号 7. E-mailアドレス
をご記入の上、E-mailまたは郵送・FAX で
以下の連絡先まで、お申し込み下さい。
_____________________________________________________

〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
東京都立奥多摩湖畔公園 山のふるさと村ビジターセンター
TEL&FAX: 0428-86-2316 E-mail:yamafuru@hkr.ne.jp

※申込み後3日以内に申込み受理のご連絡をいたします。
 3日以内に連絡がない場合は、お手数ですが再度お問合せ下さい。
※今回ご記入いただいた個人情報は、個人情報保護法に基づいて適切に処理いたします。

____________________________


皆さんのご参加をスタッフ一同、森の生きもの一同、お待ちしております。


2018年9月29日土曜日

自然教室「小学1・2年生キャンプ」のご報告


7月26日~28日に実施した
「小学1・2年生キャンプ」のご報告です。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小学1・2年生向けのこのキャンプは
体全体を使って森の自然を楽しみ、生活することで、

自然環境への意識持つために大切な「感性」を育むことがテーマ!
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分達でご飯を作って、テントで泊まる。
沢で遊んで、山に登る。
寝る前に、キャンプの思い出の品を見ながら、絵日記を描く。
台風接近で、建物に避難、みんなで寝袋でごろごろ。
盛りだくさんの3日間でした。

そんなキャンプの様子をちょっとだけご報告します。

【沢での水遊び】 

奥多摩生まれ、育ちの「沢の師匠」による沢遊びレクチャー


竹の水鉄砲で水かけ、水が冷たいね













何がいるかな?
水の中には不思議な形の生きものがたくさん



































小さな魚を捕まえた!




沢で見つけたものを見せ合い



























【森のおさんぽ~森の宝物を見つけよう~】  

 尾根道を登ったり、下りたり
葉っぱのお化けを発見!


くんくん、においをかいでみよう

きのこの触り心地はいかが?

森での「ヤッホー」講座 
息を大きく吸うのがポイント!
「疲れちゃった・・・」とひと休み
がんばれ!





































































拾った実や葉っぱ、羽などを見せ合い
 色々な物を見つけたね





























【絵日記づくり】

何がいちばん楽しかった?












思い出をしっかり記録
お家の人にも教えてあげてね













 「みんな素敵な絵日記ができていて、びっくり!」

















【台風接近!】

台風が来たので、テントを片付けて、建物に避難!
一つの部屋にみんなでゴロゴロ!


インタープリター「すみぃ」の絵本の読み聞かせ
みんな夢中に!




























お家の方と離れて初めてのお泊りの子もたくさん参加してくれました。
「友達はできるかな?」
「テントで眠れるかな?」
と不安な気持ちもいっぱい。

「森で虫をつかまえたい!」
「川できれいな石を見つけたい!」
と期待の気持ちもいっぱいでキャンプに参加してくれましたが、
みなさんとても楽しく過ごせたようです。


















このキャンプをきっかけに、
自然や環境により興味をもってくれると嬉しいなと思います。
奥多摩の大自然を楽しみたくなったら、またキャンプに参加してね。

 (インタープリター とむさん)

2017年12月13日水曜日

「秋のこどもキャンプ」のご報告

10月7日~9日の3日間に実施した
秋のこどもキャンプ」のご報告です。

 小学1~6年生向けのこのキャンプは、
「自然の恵みを使って、自分の使う道具を作る」がテーマ!

3日間のキャンプでどんな道具を作ったかというと、
草木染め(ヤマザクラとクズ)の「ハンカチ」「コースター」
サクラの木の「箸」の3つにチャレンジしました。

そんな道具作りキャンプの様子を少しだけご紹介します。

【1日目】
草木染めの準備の日。

まずは「自然の恵み」さがし。
道具の材料を森で集めをしました。

紅葉したヤマザクラの葉っぱ
たくさん拾って!

クズの葉っぱもツルからちぎって集めます。















たくさん森を歩いて、材料集めは完了。
葉っぱの他にも、クルミや枝、小石など
道具作りに必要な物を集めました。


【2日目】
午前中は、
1日目に集めた葉っぱで草木染めにチャレンジ。

まずは、拾った葉っぱでどんな色に染まるか予想!

「赤?」「黄色?」「茶色?」「緑?」














そして、作業開始。
最初は拾った葉っぱをひたすらちぎる・・・!


ヤマザクラ班 「葉っぱの量が足りないかも…」













クズ班 「この葉っぱスジがたくさんある!」















がんばってちぎった葉っぱを袋に詰めて、
鍋で20分ほどぐつぐつ。
染液を作ります。















待っている間に輪ゴムを使って、
絞り染めの準備をします。















そして、いよいよ・・

できた染液に布を投入!20~30分つけます。
















染液に付けた後、媒染液にさっと布をくぐらせて、
ビジターセンターのベランダで干します。















こんな色に染まりました
















手間ひまかけて染め上げたハンカチとコースター。

ヤマザクラは赤茶色っぽく、
クズの葉はバニラアイスみたいな色に染まりました。
絞りの部分は白く残り、素敵な模様がつきました。


さて、
午後は草木染めの布を乾かしている間に
箸づくりにチャレンジ。

材料は「サクラ」の木材
(こちらはヤマザクラではなく、ソメイヨシノです)
今回、箸は刃物は使わず、紙やすりで作りました。
サクラの木材はとても堅く、木目の向きによっては
刃物で削るのはとても難しいのです!

仕上げは、森で拾ったクルミを割って、
実の油分でコーティングしました。






























もくもくと取り組む人、大変でちょっと疲れちゃう人、
みなさんそれぞれに箸づくりを楽しんでくれました。

しかし、ほとんどの人は完成せず!

良い道具はそんな簡単には出来ないのです。
でも、ちゃんと家で続きが出来るように
ヤスリなどを道具一式は、お持ち帰りセットにしておきました。
納得いくまで、家でヤスリがけをして、
手にしっくりくる箸を作ってもらえたらと思います。

ここで、紹介した道具作りのほかにも
夜の森をさんぽしたり、
たき火で焼きおにぎりを作ったりと、
様々な活動をしましたが、
2日間はあっという間に過ぎてしまい、
とうとう最終日。


【3日目】
まずは、草木染めのハンカチを使った箸袋づくり。





























これで一生懸命作った「草木染め」と「サクラの箸」が
持ち歩けるようになりました。

ぜひ、様々な場所で使ってくださいね。


最後に、まとめの活動。
















3日間をスライドでふりかえって、
一言ずつ感想をもらいました。

「焼きおにぎりが楽しかった」
「夜の森のおさんぽが楽しかった」

などの感想のほかに、

「染め物が楽しかった」
「箸づくりが大変だった」
「ハンカチを絞るのが面白かった」

など、道具を作る時に感じたことを言ってくれた人も
沢山いました。
楽しかったという感想と同じくらい、
大変だったという感想の人が多かったように感じます。

苦労して作った分、染物や箸を大切に使いたくなるかな?















このキャンプをきっかけに、
様々な道具が自然の恵みをもとにつくられている事を感じたり、
道具の使い方や、道具を大切につかうというのが
どういうことなのか考えてもらえたら嬉しいです。

(インタープリター とむさん)